maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

モグラみかん

 

母からみかんが届いた。

福岡の川上農園さんのモグラみかんは、美味しくて本当に大好き。

 

日々体を整えておくメリットというのは、食べることへの執着が減り、いつでもストップをかけられることだと思う。体に信頼があると、好きなものを好きなように食べられる。

体が鈍感になっていると、入れるものと出すものバランスを把握できない。

逆に、頭が過敏に働きすぎていると、弛めようとする働きで食べすぎてしまう。

 

 f:id:maimoi1231:20161123163730j:image

 

f:id:maimoi1231:20161123163732j:image

西遊記

 

夏から、ずっと西遊記にハマっている。

以前、お世話になっている方から蟠桃を送っていただいて、そのときに、不老長寿のめでたいこの果実を、孫悟空が天界で食べ散らかして暴れたという話に興味をもって、

平岩弓枝さんの文庫本を読んでみた。

 

あまりに面白くて、

張明澄の『 密教秘伝 西遊記 』、中野美代子さんの西遊記文庫10巻、『 西遊記の秘密 タオと煉丹術とシンボリズム 』、そしてようやく『 封神演義 』をちょっとずつ読んでいる。

 

仏教を学ぶものや修行者が陥りやすい罠が、立ちふさがる妖怪のなかに比喩として隠されていて、そこを読み解いていくと抜群におもしろい。

修行とは基本として、

経典(コツコツと勉強)、功夫(行をおさめて能力を得る)、実学(自分には何ができて何ができないかを知る)、秘術 (宝)、

これら四つを学び、習得して実践すること。

 

西遊記では、

三蔵法師は、学者の象徴。経典研究者。

孫悟空は、行者の象徴。修練の人。

猪八戒は、戒律主義者。

沙悟浄は、布教によって仏法を広めていく僧侶。

 

四人のうち誰が、どんな妖怪( 困難や罠 )に足をすくわれやすいか、というのは、

それぞれの修行の道の弱点や、修行により持ってしまいがちな〝欲〟〝おごり〟を浮き彫りにする。

 

頭でっかちに知識だけで物事を捉えると騙されたり、身につけた技を見せびらかすことで災難にあったり、こういうことって日常にあるある!というのがたくさん出てくる。

 

すっかり西遊記が身近になって、ああこの人は観音禅寺の坊さんだ、とか、白骨夫人っぽいとか、玉兎にならないようにしよう、とか、

暗喩の教えに、ふと気づくことが増えた。

あと、三蔵法師一行を密かに守っている〝掲諦(ぎゃてい)〟さんたちがツボ。

隠れきれてない!

悟空に見つかっちゃってるところとか可愛すぎる。

 

 

f:id:maimoi1231:20161202124215j:image

 

 

 

いつかのメリークリスマス

 

優しさについて、考えた日。

どうして、急に色んなことを思い出したんだろうと不思議におもったら、午前中に寄ったお店で、スノードームを見たからだ。

 

丸いガラスをひっくり返すと、粉雪が舞って、モミの木や動物が埋もれていく。懐かしい気持ちになる。

 

昔、上京したばかりの冬に、当時付き合っていた人と喧嘩をして、クリスマスは一人で過ごすことになった。

仕事がおわって帰宅すると、

ラジカセから、好きなアルバムがずっと流れていた。

曲をリピートするようにセットしてくれていて、優しい気持ちになったことを思い出した。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123193318j:image

代官山テノハ

 

 

 

人間関係と骨盤

 

11月の雪というので、

サラサラ、というか、ひらひらと粉雪が舞う程度だと想像していたら、

ほたほたと、ボタン雪のような厚みのある雪が、シンシンと積もりはじめて、

昨日は冬の形相だった。

今朝はまた晴れて、気持ちのいい青空。

 

 

健全に人との関係を築くためには、人によって態度を変えるほうが良いのでは、と、お客さまと話していて思った。

裏表がなさそうな人や、オープンに自分を出せる人の方が信頼される、という流れに無理をしてのると、不健全な関係を引き寄せるリスクが高くなる、と思う。

私は、恋人と男友達に対する態度は明確に変えるし、

真剣な話ができる人と、共通の話題がただあるという人とでは、話す内容を選ぶ。

それはとても当たり前で、それが礼儀であるとすら思っていたので、

人間関係でヘトヘトに疲弊している方に出会うと、

優しすぎるんでないかい、と感じる。

そうそう人に腹を見せなくてもいいし、自分と他人は違う。

 

人との関係性、というのは、

何かしら死ぬまで課題が与えられるものだなと、いろんな年代の人を見ていて思うし、自分にとってもそうで、最大のテーマで逃れられない。

 

私は、9種体癖が強いので、腰椎4番に中心が集まりやすく、骨盤が閉まりやすい。

それぞれに一対一の関係、二人の間にある純粋性を侵されたくない、という少々めんどくさい性格なのだけど、

自分の骨盤開閉のクセが分かってきて、9種体操でバランスが取りやすくなった。

 

人によって、骨盤が開きやすい、捻れやすいなどと癖が違う。

綺麗に矯正してフラットにするのではなく、骨盤の動きの振り幅を、自分である程度コントロールできるようにもっていくと、体の中心軸が安定する。

そうすると、人に合わせすぎたり振り回されたり、が減るのでは。

 

 

  f:id:maimoi1231:20161124174127j:image

〝 If on a Winter's Night 

寒くなると、聴きたくなる大好きなアルバム。

 

 

 

 

 

 

 

冬仕度

 

今夜、東京では雪が降るかもしれないとのこと。

お客さまが帰られたあと、窓を開けたら、室内と外との温度差におどろいた。

 

もうストーブがフル稼働で、小さいけれどかなり暖かくなる。

今年は、整体の部屋にモフモフのカーペットを敷いたので、より暖かく快適になって、施術中にトロトロと眠ってしまう方が増えた。

怒涛の年末年始が向かってくるまえに、

深呼吸して、からだ弛めませんか。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123165602j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

花 / 年末年始のお知らせ

 

肌寒い一日。

朝晩の室温が下がり、出窓の日差しも和らいだので、

  IGUSA さんの花を飾った。

 

 

f:id:maimoi1231:20161121173025j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161121173028j:image

マリリスが綺麗。

 

 

f:id:maimoi1231:20161121173037j:image

 

いつも花瓶を持ちこんで、花を選んでもらい、

そのまま花瓶を抱えて仕事場にもどるので、道ですれ違う人によく見られる。

花に、ふっとゆるむ人たちの、気配を感じると楽しい。

 

 

年末年始のお休みのお知らせ

12月24日 (土)〜 1月2日 (月)までお休みをいただきます。

3日 火曜日は定休日ですので、

年明けの営業は、4日(水)〜 となります。

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲大社

 

二泊三日の弾丸旅行。

 

南海高野山ケーブル極楽橋から新大阪へ、新幹線で岡山へ移動、岡山から特急やくもで島根県出雲市へ。地理に詳しくないので、移動しながらなんとなく位置関係を理解した。

けっこう遠いいんですね。

7時間越えの大移動。

 

一畑電車しまねっこバージョンで、車内がむせ返るようなピンクで 笑 

可愛くてテンション上がった。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164204j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164215j:image

 

しまねっこのぬいぐるみが鎮座。

 

出雲大社に到着。

 

f:id:maimoi1231:20161123164228j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164255j:image

 

 

https://www.izumo-kankou.gr.jp/1275

旧暦の神在祭が行われていた。

青空が澄んで、すこしひんやりした風が気持ちよかった。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164449j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164504j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164535j:image

 

 

 

高野山

 

11月15日の定休日を挟んで、二泊三日の旅、

和歌山県高野山から、島根県出雲大社へと出かけてきた。

その簡単な備忘録です。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123163839j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164559j:image

 

とにかく寒いよと聞いていたけれど、おそろしいほどの寒さではなく。

紅葉が美しかった。

生まれたての紅葉というか、みずみずしい色鮮やかさ。

一雨くると、もうすこしくすんでおちついた色になるんだろうな。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123163859j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123163916j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123163958j:image

( 襖絵が素敵 )

宿坊にはじめて泊まった。

隣の部屋ではフランス人マダムたちが、ハッピーバースデーの大合唱で和んだ。

朝6時からのお務めにみんなで参加して、神妙な心持ちになり。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164026j:image

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164040j:image

 

高野山ってお寺が多いんですね。

散策。

静かで、人も少なく、お土産やさんや食事処も良くて、とにかくおもしろかった。

ネズミーランドよりもこちらの方がわたし的にはワンダーランド。

  

f:id:maimoi1231:20161123164053j:image

 

至るところから覗く公式マスコットのこうやくん。

 

 

 

 

 

 

 

青虫観察

 

ベランダにレモンの木がある。

小ぶりな木なのに、実が9つも育っている。

そのレモンの葉をむしゃむしゃと食べている、アゲハ蝶の青虫を見つけたのが、三ヶ月くらい前。

 

可愛かったので観察するのが日課となり、

朝、姿が見えないと、鳥に食べられたんだろうなとかなしくなる。

気づいたら新しい子が増えていたりして、そうこうしているうちに、風がつめたくなってきた。

思いきって捕獲して室内で飼おうかなと思ったのだけど、

いざ捕まえてみると、命の責任は重くて、やっぱりただ見守るだけにした。

 

先日、友人が子どもを連れてきてくれて、その子に、青虫をツンツンしたら角がでるんだよと、教えてあげた。

身を守る反応なので、ほんとはあまりしてはいけないのだけど、

その子と青虫を優しくツンツンしたら、赤い角がでた。

抱っこしていた体がポッとあつくなって、眼を見開いてじっと静かに見つめていて、

小さい子は、全身で驚くんだなぁとちょっと感動した。

 

私たち大人は、生きていくためにいろいろな鎧やアイテムを身につける。世の中がうまく回るために、それは必要な常識だったり、心得だったりするのだけれど、

幼い子どものような柔らかい素直な体を、置き去りにしてしまいがち。

それは思い出すことができる。

大人として振る舞いがきちんとできて、なおかつ、柔らかく生きていけるように、

そのために整体はあるのだと思っている。

整体の所作であったり、体操であったり。

 

 

f:id:maimoi1231:20161121182704j:image

木陰にかくれたり

 

f:id:maimoi1231:20161121182718j:image

降りたり

 

f:id:maimoi1231:20161121182729j:image

日向ぼっこ

 

 

 

 

 

二胡の発表会

 

10月30日は、二胡の発表会だった。

小学生のときにピアノを習っていたのだけど、発表会というのがとにかくイヤで、

水泳の競技会とかも本当にイヤでイヤで、人前でなにか発表するというのに苦手意識がある。

二胡を習ってまだ一年とちょっとなのだけど、

一生懸命に練習をしていたら、本番、とても楽しく演奏ができた。

 

緊張で手がブルブルふるえたけれど。

演奏中の姿勢と、ニコニコと楽しそうに弾いていたことを褒められた。

音が伸びやかになってきたのが嬉しいので、10年後はもっと自由に弾けるようになるだろうと妄想をふくらませて、また練習を積もうと思った。

 

 

 f:id:maimoi1231:20161123164858j:image

最後は神様にお願い。近くの王子神社へ。

 

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164919j:image

『 田園春色 』『 冬景色 』の二曲を演奏。

 

 

f:id:maimoi1231:20161123164942j:image

 

f:id:maimoi1231:20161123165000j:image

 

友人につき合ってもらったり、一人で、仕事前に代々木公園で練習。

外で弾くのは気持ちいいですね。

季節は過ぎ去って、木漏れ日のポカポカはまた来年。