maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。

インドに行ってきます

今からインドに行ってきます。 4/1(日)帰国予定です。 よろしくお願いいたします。

映画と読書

映画 『アトミック・ブロンド』 動きが綺麗なアクション映画が好きなのですが、シャーリーズ・セロンお姉様のかなり見応えのある戦闘シーン。すごかった。 痛めつけられてボロボロになり戦いながら、動きが鈍くなっていくところがリアル。 ストーリーは、最…

三月のお花

春の花は、甘い香りがします。

発陳

コンビニに立ち寄ったら、入り口の傘立てに立てておいた傘を盗まれた。そんなわけで、雨のなかをひさしぶりに歩いた。近かったしね。 夜の街灯も草木も、すべてが静かに濡れそぼっていて、雨も冷たくはなく、春だなぁと思った。 春の三ヶ月を『発陳(はつち…

映画と読書

毎週、TSUTAYAで映画を借りてくる。 メモがわりに今週みたもの。 映画 『さよなら、ぼくのモンスター』 最後にしんみりした。 少年オスカーにとって一番の味方で保護者だった父親が、もっとも分かり合えない敵となり、誰よりも不満を感じる対象となる。 親は…

二月のお花

出窓からの光が春らしくなってきました。

十二月のお花

日が暮れてから撮ったので暗いですが。 アマリリスは好きな花です。 冬の花の持ちが良いので、12月の中旬に生けたものがまだ綺麗に咲いてる。

ハリネズミのこと

すこし前に、飼っていたハリネズミが死んでしまった。 2、3日はもう、林檎のすりおろしたのを舐めるくらいで、ずっとクークー寝ていて、最後はお目目を閉じて、可愛いお顔のままでした。 5年近く一緒に暮らした。 夫が、「ちゃんと食べて良い子だね」と最後…

十一月のお花

色づいた落ち葉をサクサクと、踏む音が心地よい、散歩日和が続きます。 あっという間に寒くなるのでしょうね。

七月のお花

紫陽花

六月は紫陽花を飾っていたけれど、写真を撮りわすれてしまった。 暴風雨のとある日に、友人と鎌倉散策。

五月のお花

ゴールデンウィーク後に、丸い蕾の芍薬を生けた。 四、五日かけて綺麗にひらいてきて、 いま 満開。 〝 花は半開を看、酒は微酔に飲む 〟という言葉が好き。 満ち足りてしまうことより、すこし不足を感じる程度がいい。 満開の芍薬はとても美しいけれど。 弱…

桜の備忘録

友人に付き合ってもらい、夜の千鳥ヶ淵と、朝の井之頭公園でボートを漕いだ。 ソメイヨシノはもう葉桜になりつつあり、 今夜また冷たい雨が降ってきたので、桜は、知らずに通り過ぎてしまうただの木に戻る。 この10日間ほど、薄い桜色が空気をぼんやりと煙ら…

四月のお花

春風のなかをうっとりと歩いているだけで至福。 クリスマスローズが可愛い。 お花屋さん曰く、入ってくる花はもう春終盤のもので、 もうすこししたら初夏の花に変わるとのこと。

お花

春の野原のような 色とりどりの花々。

三月のお花

小ぶりなダリアを三本いただいて足した。 緑の葉は一月と二月から引きつぎ、まだまだ青々としている。 しれっと、多肉とサボテンが増えてきています。 黄色が可愛くて小さな花瓶にさす。

二月のお花

出窓の光の、入り方が変わってきた。 まだまだ寒いですが、春の兆し。

一月のお花

チューリップの花弁がハラハラと解けて、それはとても綺麗だった。 ドレスみたいで。

逆鱗

『 韓非子 』のなかに〝逆鱗にふれる〟という話が出てくる。 これは、上の人を説得することの難しさをいっているのだけど、 逆鱗とは、竜の喉の下の直径一尺ほど、そこだけ逆さに生えている鱗のことを指すそうで、初めて知った。 竜というのは本来おとなしい…

苟に日に新たに、日日に新たに、また日に新たなり

新年明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 昨年の24日からインドに滞在していまして、元旦の朝に帰国しました。 時差が3時間半、ちょうどムンバイの空港を離陸した直後に日本では1月1日へと日付が変わり、成田空港へ着…

お知らせ

本日よりお休みをいただきます。 新年の営業は1月4日 (水)からとなります。 よろしくお願い致します。

師走

すこし前の公園の写真。 紅葉した鈴懸の葉がいい色だった。 師走に入り、来年の一月のご予約をいただいて、早いもんだなぁと思った。 私は大晦日生まれなので、翌日がお正月。 33才はどんな年になるだろう。 一月(急ぐ)二月(逃げる)三月(去る)? どち…

モグラみかん

母からみかんが届いた。 福岡の川上農園さんのモグラみかんは、美味しくて本当に大好き。 日々体を整えておくメリットというのは、食べることへの執着が減り、いつでもストップをかけられることだと思う。体に信頼があると、好きなものを好きなように食べら…

西遊記

夏から、ずっと西遊記にハマっている。 以前、お世話になっている方から蟠桃を送っていただいて、そのときに、不老長寿のめでたいこの果実を、孫悟空が天界で食べ散らかして暴れたという話に興味をもって、 平岩弓枝さんの文庫本を読んでみた。 あまりに面白…

いつかのメリークリスマス

優しさについて、考えた日。 どうして、急に色んなことを思い出したんだろうと不思議におもったら、午前中に寄ったお店で、スノードームを見たからだ。 丸いガラスをひっくり返すと、粉雪が舞って、モミの木や動物が埋もれていく。懐かしい気持ちになる。 昔…

人間関係と骨盤

11月の雪というので、 サラサラ、というか、ひらひらと粉雪が舞う程度だと想像していたら、 ほたほたと、ボタン雪のような厚みのある雪が、シンシンと積もりはじめて、 昨日は冬の形相だった。 今朝はまた晴れて、気持ちのいい青空。 健全に人との関係を築く…

冬仕度

今夜、東京では雪が降るかもしれないとのこと。 お客さまが帰られたあと、窓を開けたら、室内と外との温度差におどろいた。 もうストーブがフル稼働で、小さいけれどかなり暖かくなる。 今年は、整体の部屋にモフモフのカーペットを敷いたので、より暖かく快…

花 / 年末年始のお知らせ

肌寒い一日。 朝晩の室温が下がり、出窓の日差しも和らいだので、 IGUSA さんの花を飾った。 アマリリスが綺麗。 いつも花瓶を持ちこんで、花を選んでもらい、 そのまま花瓶を抱えて仕事場にもどるので、道ですれ違う人によく見られる。 花に、ふっとゆるむ…

出雲大社

二泊三日の弾丸旅行。 南海高野山ケーブル極楽橋から新大阪へ、新幹線で岡山へ移動、岡山から特急やくもで島根県の出雲市へ。地理に詳しくないので、移動しながらなんとなく位置関係を理解した。 けっこう遠いいんですね。 7時間越えの大移動。 一畑電車がし…

高野山

11月15日の定休日を挟んで、二泊三日の旅、 和歌山県は高野山から、島根県の出雲大社へと出かけてきた。 その簡単な備忘録です。 とにかく寒いよと聞いていたけれど、おそろしいほどの寒さではなく。 紅葉が美しかった。 生まれたての紅葉というか、みずみず…