読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

インド旅行

インド旅行記 ☆13 ワガ国境 フラッグセレモニー( 国境閉鎖式 )

インドとパキスタンの国境へ。 ワガ - Wikipedia とは小さな村で、1947年に東半分はインド、西半分はパキスタンに分断されたのだそう。 日没時にここで行われるフラッグセレモニー ( 国境閉鎖式 )は、両国の国民や観光客が集い、大変な盛り上がりをみせる…

インド旅行記 ☆12 THIS IS A VEGETARIAN RESTAURANT !

マクドナルドには日本にいるときはまったく入らないのだが、 インドですこし休憩しようと思ったときに、とりあえず安全で、座れて、清潔なトイレがある場所として利用した。 紅茶しか頼まなかったのだが、べジタリアンバーガーは美味しそうだった。 べジタリ…

インド旅行記 ☆11 黄金寺院

黄金寺院は、水に囲まれている。 インドの寺院は基本的に裸足で入るのだが、訪れた日は足の裏が凍てつくほどの寒さだった。そんな気温でも沐浴している人を数人見かけた。 ここ アムリッツァー は、シーク教徒 の信徒によって建てられた街だそうだ。 インド…

インド旅行記 ☆10 アムリッツァーへ

インド旅行記☆ まだ続きます (。・・。) ダラムサラからアムリッツァーに向かうため、 車で長距離移動。 (ホスピタリティが高すぎるガイドのチャマンさんと、おならをする運転手さん。) 車の窓から、サリーを着た女性たちを見ることができた。 下手なアトラク…

インド旅行記 ☆9 チベット医学の脈診

ダラムサラにある、 Mee-Tsee-Khang( 医学歴法研究所 )にお邪魔して、 チベット医学の脈診を受けることができた。 年配の女性の先生だった。 手首の脈を診るだけで、 患者の体質、避けたほうが良い食べ物、持病などが分かるという。 貴重なお話しを伺った…

インド旅行記 ☆8 美少女

ヒンドゥー教では、神を偶像として具象化している。 バガラームキー女神を祀る洞窟に入り、 神官たちがマントラを唱えている後ろで、一緒に礼拝をさせていただいた。 そこに、4才くらいの美少女が入ってきた。 たまたま寺院を訪れていた子のようで、 バガラ…

インド旅行記 ☆7 イケメンさん

バガラームキー寺院の神官が、マントラ(真言)を唱えながら、 様々な供物を火の中に捧げていく。 供物は(聖水、花弁、生米、オイル?ギー?の混ざった土みたいなもの、、etc) マントラの波動とともに、火は燃えて煙が天に昇っていった。 ヒンドゥー教に限…

インド旅行記 ☆6  バガラームキー女神様

ヒンドゥー教 - ( Wikipedia 参照 ) の三大最高神は、 創造を司る神ブラフマー、 繁栄を司る神ヴィシュヌ、 破壊を司る神シヴァ バガラームキー女神様とは、 Mahavidya(日本語直訳では偉大な智慧)の、十人の女神様のお一人だそう。 ヒンドゥー教は、土着…

インド旅行記 ☆5 道路事情と車酔い

(インドといえば、ウシ。) 小さいころは車酔いがひどかった。 大人になって一時期めまいに悩んだこともあり、 乗車前にはカフェインを取らない、酔い止めを飲むとか、体質なので仕方がないと思っていた。 旅行三日目、 ダラムサラから片道約30km、カングラ…

インド旅行記 ☆4 ダラムサラ  チベットの民族衣裳

インドのサリーは真っ先にスーツケースに入れて、 せっかくのチベット衣裳を持ってくるのを忘れてしまった。 着る機会は多くはなかったとおもうが、地区によって着れたら良かったなぁと思うところがあった。 外国の方が着物を着ているのを見ると嬉しいので、…

インド旅行記 ☆3 ダラムサラ マクロード・ガンジー

ヒンディー語、チベット語が聞こえて、時折、チベット僧の姿を見かけた。 狭い通りには露天が並び、アクセサリーや、銀細工、織布、お香、食料品などが売られている。 カフェも。 デリーに一泊して、翌日国内線でダラムサラに向かったのだが、飛行機が大幅に…

インド旅行記 ☆2 インドビザ申請

ビザを取得するために、茗荷谷のインドビザ申請センターを何度も訪れた。 混沌混乱ぶりが、本気でおもしろい。 微に入り細に入り書類検査をして、容赦なく突き返してくるインド人スタッフ。 (インド時間の大らかさは皆無。) 受理されず、泣き落としにでる…

インド旅行記 ☆1

昨年12月末に、北インドに行ってきた。 デリーから、ダラムサラ、 黄金寺院のあるアムリットサルを巡る旅。 武井先生 には、大変お世話になりました。 実は以前、南インドに行ったときに、 インド亜大陸のスペシャリスト!大陸旅遊 !! の添乗員の方が、 職人…