読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

インド旅行記 ☆8 美少女

インド旅行
 
ヒンドゥー教では、神を偶像として具象化している。
 
バガラームキー女神を祀る洞窟に入り、
神官たちがマントラを唱えている後ろで、一緒に礼拝をさせていただいた。
 
そこに、4才くらいの美少女が入ってきた。
 
たまたま寺院を訪れていた子のようで、
バガラームキー女神がこの少女を通して、私たちの額に祝福をくれるのだという。
 
日本人を見たのは きっと初めてなのだと思うが、
 
動じることなく淡然としている。
神々しい子だな と思った。
 
 
日本には「七つまでは神のうち」という言葉があり、
一つ身の祝い着(背縫いをしない幼児の着物)には、必ず背守りをつける風習がある。
インドでも小さい子に鮮やかな服を着せるのは、悪いものから守る意味があるそうだ。
 
子供の化粧や衣服には、
その地域 その土地によって魔除けの意味をもつ。
 
小さい子というのは、それだけ神界にも近いのだろう。
 
 

f:id:maimoi1231:20150212124839j:plain

( 甘い誘惑 . . .インドのケーキ屋♡ )