読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

「 私の印象派 」〜 ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 アメリカ合衆国が誇る 印象派コレクションから

美術館
 
 
 
三菱一号館美術館の展示室は、連続する小さな部屋で構成されている。
 
平日の夕方に滑り込んだのだが、背広の男性率が高かった。
銀座 丸の内界隈という土地柄、古美術店や画廊がたくさんあり、
名だたる企業が軒を連ねている。
東京駅からも近いからだろうか。
 
なんとなく、
紳士とマダムのプライベートサロンに紛れ込んだような気持ちになった。
落ちついた雰囲気で居心地良い。
 
 
ワシントン・ナショナル・ギャラリーは
アメリカで唯一、西洋美術を集めた国立美術館で、
これほどの秀作がまとまって外に貸しだされるのは稀なのだそうだ。
 
せっかくなので音声ガイドを利用したのだが、言葉のセンスがとてもいいと思う。
展示の見せ方も、とてもよく練られている印象を受けた。
 
個人的に高橋館長のしっとりした声がとてもタイプで、
うっかり何度も館長メッセージを再生してしまった。
( 展示とは関係ない . . .  ♪ )
 
 
兎に角、素晴らしかった。
圧倒された。
 
 
f:id:maimoi1231:20150227133023j:plain

ポール・セザンヌ 「 愛の争い 」

 
 
f:id:maimoi1231:20150227111259j:plain
 
 
いつも稽古をつけてくださる、尊敬する仙人のような先生がいる。
その方の真似っこをして、
ここ最近、美術館でポストカードを集めている。
 
本物を見たあとに、余韻に浸れるのでいい。
 
f:id:maimoi1231:20150227112010j:plain