読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

身体をつくる

 

心地いい春の風に吹かれて、

パソコンを見る気分にならなかった。

気がつくと、もう夜の風。

 

 

先日、新国立博物館で開催中の『 白目会展 』を見に行った。

公募展を見たのはいつ以来だろう。

沢山の作家の、個々の作品が一堂に会しているのを見るのは新鮮で、なんとなく生々しいパワーを感じる場だった。

彫刻と絵画の展示数が多く、見応えがあった。

 

彫刻家の友人、華さんが作品を出展している。

 

f:id:maimoi1231:20150327172243j:plain

( 許可を得て、写真を載せています。)

 

華さんの生み出す作品がとても好きだ。

今回の作品も、正面からはもちろん、背中までも驚くほど美しい力が宿っている。

人間の動の姿、静の姿その流れと息づかいが、彫刻の背骨と筋肉の陰影から感じられる。

 

夜、ダンサーの方と華さんと私で、門前仲町の酒場で飲んだ。

お二人はそれぞれの分野で活躍するプロだ。

色々なお話を興味深く伺いながら、

日本酒の熱燗でほろ酔いの良い気分で、こんなに素敵な年上の男性と女性とこうして時間を過ごせるなんて、なんて幸せなんだろうと思った。

お二人は、それぞれの視点で本当に良く身体を観察されているので、そのお話しはとても面白かった。

 

f:id:maimoi1231:20150327172253j:plain

作品

鹿児島の枕崎に伝わる海幸彦・山幸彦の伝説を基にしたのだそうです。

上の写真、座像が山幸彦。

下の写真、荒波の上に立っているのが海幸彦。

 

会期 :  3月30日(月)まで

会場 :  国立新美術館 2階 

 

国立新美術館 ホームページ