maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

雨絣

 

中学の美術の時間だったと思う。

画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ は、

「 雨を線で描いた 」歌川広重の浮世絵の表現に魅了され、

影響を受けたと教わった。

 

線上の雨が降りそそぐ夕立の情景はシンプルで、

ああ、綺麗だなぁと感動したのを覚えている。

雨に、色が見えたらいいな、とぼんやり思った。

 

そんな記憶があるので、

雨が降るように織られている、雨絣の着物が好き。

 

f:id:maimoi1231:20150706115101j:plain

一目惚れをした、能州紬。

石川県の能登半島で、手織りされている。

 

経糸にずらした絣糸を用いる技法で、構造はとてもシンプル。

如何ようにも工夫ができるので、

布のなかに綺麗な雨を降らせて、織ってみたいなと、

雨を見てたらわくわくしてきた。