maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。

ルーシー・リー 展

 

f:id:maimoi1231:20150725214142j:plain

 

左の図録は、2010年に新国立博物で、初めて作品を見たときのもの。

右は、いま千葉市美術館で展示されている作品のもの。 

 

ルーシーリーの、器が大好き。

今回、20分のオムニバス映像を見ることができた。

動く姿、というのはその人の内面にあるものを垣間見ることができる。

手の動き。

言葉や文では、色をつけることはできるけれど、

その人がどれくらいそれに馴染んでいるか、無意識の動きのなかに現れるので繕えない。

 

作品をひとつひとつゆっくり見ながら、ルーシーリーの息吹きを感じた。

陶芸が好きを超えて、呼吸をするように手が馴染んで作り続けたのだなぁと思った。

映像を見ると、クスッと思わず笑ってしまう。

お人柄もこんなにチャーミングな方だったとは。