読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

足湯のすすめ

 

六月の梅雨時期から、足湯を続けている。

たいてい朝、ときどき夜、

45度くらいの熱めのお湯に、足首まで浸して頭をぼんやりする。

 

基本、五分ほどと言われているが、

お風呂のついでに足湯をしているので、頭皮からじわっと汗が出て全身がポカポカしてくるまでを目安にしている。

 

足湯がぬるくなってきたと感じたら、熱い湯を足すこと。

汗をかいたらきちんと拭いて、冷えないように気をつけること。

私は左右の足が均等に赤くなるのだけど、

もし片側の足だけ赤くならないようだったら、その赤くならないほうの足を数分長めに湯に浸ける。

血行が良くなるのを感じられる。

 

六月の梅雨時期、身体が重だるいときにすごく効果を感じたのだけど、

特にいまのこの時期、身体の末端が冷えているように感じるので、効果がよく分かる。

日中は汗ばむほど暑くて、電車や室内のクーラーで急に冷えるので、汗が引っ込む。

整体ではこれを汗の内攻といって警戒をする。

冷えは、この時期さらなる不調の引き金になりやすいので、

しっかりとあたためて汗を出し、水分をとって流れを良くしよう。

 

足湯を続けて三ヶ月ほど経つけれど、

昨年よりもずいぶんと調子がいい。

肌も一皮むけたように、くすみが取れてつるんとしてきた。

  

20150726082359

写真は、いつかのインドのホテル。