読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。心に静と柔らかさを得たい。 思い出したときに覗いてください。

熟練度

習い事

 

毎日すこしでも触れたり弾いたりしていた二胡を、

旅行には持っていけず。

昨日の午後は、練習もままならないまま二胡のレッスンだった。

 

いつも最初の十数分は、二胡の基本の開放弦の練習をする。

ずっと、

ドー ソー ドー ソー の繰り返し。

二胡は弦が二本。

内弦、外弦の間に弓が挟まっていて、

均速に弓を弾いて、均一に ドー ソー の音を綺麗に出すのは難しい。

数日触らないだけで、手首が硬くそれだけ音が雑になっていた。

 

チョウ先生は柔和なおじさん先生で、

じっと黙って見ていて、肘の動きや手の形をときどき直してくださる。

型の大切さはよく分かるので、

基本を丁寧に繰り返してくれる先生に出会えて、嬉しいなといつも思う。

開放弦は、自分の動きと音を観察するすごくいい稽古。

 

 「 もっと練習してください。」

とは決して言われず、

「 あとは熟練度です。 」

とニコニコ言われる。

いつも優しいのだけど、急にレベルを上げて難しい曲を容赦なく弾かされたりするので、

楽器の先生って、独特のスパルタさがあるよなと思う。

 

熟練度 という言葉を良く使われるのだけど、

曲を上手に弾かせようという教え方ではなくて、

二胡という楽器を弾けるように指導してくださっているのだと、最近になって気づいた。

 

どの分野でも、

秘技を学べるというキャッチーなセミナーや、観念的なことを教える指導者には惹かれない。

個人的な感想だけど、

色々な指導者に次々といくのは、学ぶ姿勢として品がない。

 

この人と思う先生に出会えたら、

学ぶ側も、上達する時間と理解を待つ力が必要で、

先生が、どのレベルまで教えてくれるのかは、結局は学ぶ側の姿勢だと思う。

 

 f:id:maimoi1231:20150811075938j:image

女性の漢方によく使われる、当帰の仲間( アンジェリカ )。

標高の高い旧ムスタンの村や、村はずれの畑の畦に沢山見かけました。

白い花が可憐。