maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。

一滴一滴の 水の色 生藍染め

 

京都の染織の工房をでて、もうすぐ二年が経つ。

そのあとすぐに実家のある熊本、南阿蘇で染めをしました。

写真は、生藍染め。

 

通常の藍染めは、タデ藍を発酵させて藍玉をつくる職人さんがいて、

それを藍瓶でじっくりと育てる。

私が学んだ工房は、大きな藍瓶がふたつ土間にあって、

毎朝毎晩、煉炭で温度調整をして、丁寧にかき混ぜて、それはそれは手がかかった。

 

瓶のなかに藍の華が生まれる。

藍は生き物と同じで、生まれ、育ち、華が咲き、老い朽ちて、色が染まらなくなり静かに死んでいく。

 

じっくりと時間をかける必要があるものがあり、身体もそう。

変化を待つことの大切さを思います。

 

 

以前読んだ、小説の一文

 

ー 石に一滴一滴と食い込む水の遅い静かな力を待たねばなりません ー

 

f:id:maimoi1231:20150910122953j:image

( 絹糸です。これから糸巻きをして、整経をして、筬通しをして、、機織りをはじめるまでまだまだ先が長い。)

 

 

20150910123107

 

 

20150910123254