maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。

打撲 捻挫 虫さされ 

 

昨夜、行きつけの居酒屋に連れて行っていただいた。

里芋と抹茶塩、空豆、厚揚げ、トマトオムレツと、素朴なものがとても美味しかった。

 

帰り道、どしゃ降りの雨に降られたので、すこしの時間軒先で雨宿りをして、

走りだす人、傘をさしてのしのしと歩く人、道ゆく人を静かに眺めていた。無声映画みたいだった。

雨に濡れたアスファルトに滑って、ヒールの女性が尻餅をつきそうになったので、

打撲と捻挫の操法を思い出した。

 

打撲も捻挫も、治ったと思っていても後々まで体に影響が残るものなので、

きちんとケアをしたほうがよい。

定石としては、打撲はお尻の付け根 股間の急所への処置、捻挫は冷やさない。

 

私の母は、子どもが階段から落ちた、指を挟んだ、大きく転んだといえば、

病院より野口整体という人だった。

私たち姉弟は小さいころから、何度も野口整体の先生にお世話になった。

 

軽い打撲や捻挫は調整が早いほど良いというのは確かで、

子どもは特に変化が分かりやすい。 

母は、私たち4人の子どもを育てるなかで、

実感して信じたことも多かったと思う。

両親がえらいのは盲信盲目にならず、医療の必要性も否定しなかったところ。

 

f:id:maimoi1231:20160520193454j:image

 

今日は真夏のような暑さだった。

木陰に吹く風が涼しいのが救いだけど、蚊に食われた。

上肢にある化膿活点をおさえると虫刺されの後が残らないそう。

朝から予定ぎっしりで、いまから三鷹駅を出るところ。

 

 

 

maimoi.hatenablog.com