maimoi日記 

自分の小さなこだわりに気づいて捨てるために書いています。

映画と読書

 

映画

 

 

 『アトミック・ブロンド

動きが綺麗なアクション映画が好きなのですが、シャーリーズ・セロンお姉様のかなり見応えのある戦闘シーン。すごかった。

痛めつけられてボロボロになり戦いながら、動きが鈍くなっていくところがリアル。

ストーリーは、最後、「えっ、えっ??」と驚く、どんでん返し。そうきたか。

 

 

 『ブレードランナー2049』

素晴らしかった。

続編を手がけた監督の、勇気に拍手。

 

 

 『メッセージ』

先に小説を読んで、鑑賞。

小説の世界観を残したまま、かなり内容を編成していて、そのバランス感覚がすごく良かった。

 

ブレードランナー2049』と同じ監督ということに後から気づいて本当にびっくり。

映像センスがものすごく良いんだなぁ。

 

 

 『夜明けの祈り』

戦争、信仰、レイプとかなり重いテーマが幾重にも交わっているのだけど、淡々と物語は進む。

信念に対して理屈は時に無力で、差し伸べられた手を掴むかどうかは、委ねられるべき。

修道女のような生き方にとても惹かれていて、

閉ざされたものに何か執着があったのだけど、年々そういうのが解けて生きやすくなっている。思わず借りてしまった一本。

良い映画だった。

 

 

読書

 

 

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

 

短編集

映画『メッセージ』の原作、「あなたの人生の物語」はとても練られている短編。

高度な数学と物理学の知識がそもそもないので、難しくて理解し難い章もあった。

「パビロンの塔」

「地獄とは神の不在なり」がほんとに面白かった。天使と善悪のテーマ。

 

 

 

 

脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫)

脂肪の塊・テリエ館 (新潮文庫)

 

二編の短編。

うーん、めちゃ面白いモーパッサン

人それぞれ興味の対象が異なるので、着眼点が面白い、テーマが理解できるというのは、近い要素が自分のなかにもあるのでしょう。

「地獄とは神の不在なり」にどこか通じる、善と悪、善行とは、という問い。